あんた沖縄の人でしょ? 地元お笑いコンビが得意とする漫才のネタだけど、それを地でいくインターネットサイトが出身地鑑定!!方言チャート

 ▼そんなに簡単にはいくまいと試したら、2問目で沖縄出身だと当てられてしまった。まあ「痛いときに何と言う」と問われたら、降参するほかはない。でも2度目は「山口」、3度目は「高知」と外れが続いた

 ▼チャートの製作に関わった東京女子大教授の篠崎晃一さんがネット上のリクナビ進学で「方言がどのような地理的広がりを形成しているのかを確認することが目的」と話す。多くの人が回答することでデータが蓄積され、正解率が高まるのだろう

 ▼篠崎さんと毎日新聞社が著した『出身地(イナカ)がわかる方言』は、各地の「方言とは気付かない方言」を収める。片付けるという意味の「かたす」は首都圏の方言らしい。必ずしも東京の言葉=共通語ではないのかも

 ▼しまくとぅばは、独立した言語で方言とは違うと誇ってみたくもなるが、言葉にまつわるこぼれ話は興味深い

 ▼「取材してきましょうね」。三重県出身の同僚がカメラを担いで出掛ける。もちろん「取材に行ってきます」という意味で、一緒に行こうと誘っているのではない。赴任当初は面白がって使っていたのが、最近ではなじんで来たようだ。なんだか楽しい。(具志堅学)