沖縄路線の就航60周年を迎えた日本航空(JAL、東京)が5日、那覇空港で記念式典を開いた。植木義晴社長が「JALは沖縄の発展とともに成長してきた。今後も沖縄とともに歩み、沖縄の振興に貢献していきたい」とあいさつした。

日本航空の沖縄就航60周年記念式典に参加した植木義晴社長(中央右)と関係者ら=5日、那覇空港

 記念式典には県内の観光関係者らが集まり、ミス沖縄の名護愛さんが植木社長に花束を贈呈した。東京に出発した乗客231人には記念品がプレゼントされた。

 同社は、1954年2月5日に東京―沖縄線を開設。週2往復で運航し、年間利用者は約2500人だった。現在は1日12往復。JALグループ全体で、年間260万人が沖縄路線を利用している。