【東京】安倍晋三首相は5日の参院予算委員会で、米軍普天間飛行場の移設をめぐる反対行動への対応について「危険な行為がないようにすることが重要で、関係機関や自治体とも協力して危険防止に万全を期していきたい」と述べた。古屋圭司国家公安委員長は「そういった(反対)行為は極めて由々しき事態。いきすぎた違法行為、妨害行為があるなら、躊躇(ちゅうちょ)なく厳正に対処するよう沖縄県警に指示したい」との考えを示した。

「躊躇なく対処」国家公安委員長

 事前の対策について古屋氏は「法と証拠に基づいた違法行為があるなら、速やかに対応するよう県警に指示したい」と述べ、違法行為が発生した場合に対処する方針を説明。

 海上保安庁の佐藤雄二長官は所要の警備を実施する考えを示し、「生命・身体への危険や悪質な違法行為には厳正に対処する」と述べた。

 移設に反対し、市長権限で阻止する考えを示している稲嶺進名護市長の方針について、新藤義孝総務相は「権限の乱用はあってはならない。工事は関係法令に従って適切に処理が進められると考えている」と、話し合いをした上で行政事務としての手続きには対応すべきだとの考えを示した。

 いずれも島尻安伊子氏(自民)の質問への答弁。