南大東島の少女が高校進学のために島を離れるまでを描いた映画「旅立ちの島唄~十五の春」(吉田康弘監督)のDVDが26日、発売される。

 本島から東へ360キロ離れた南大東島には高校がなく、子どもたちは皆15歳の春に島を旅立つ。実在する少女民謡グループ「ボロジノ娘」や島の子どもたちの物語を、吉田監督が丁寧に映画化し、反響を呼んだ。

 主演は三吉彩花、父親役に小林薫、母親役に大竹しのぶ。

 DVDを10人にプレゼントする。はがきに住所、氏名、年齢、電話番号を明記して応募。12日必着。宛先は郵便番号900-8678 那覇市久茂地2の2の2、沖縄タイムス社文化事業局。当選した場合、タイムス社に受け取りにこられる方に限る。