【南風原】特撮ヒーロー「ウルトラマン」シリーズの脚本を手掛けた南風原町出身の脚本家、故金城哲夫さんの生誕75周年祭(主催・町観光協会)が11日から15日まで、町文化センターで開かれる。

「金城哲夫生誕75周年祭」への来場を呼び掛ける町観光協会の照屋盛夫会長ら(前列右から3人目)=6日、南風原町役場

 金城さんの直筆原稿や写真の展示、トークショー、ウルトラセブンとの撮影会などがある。最終日の15日、町立中央公民館で開かれるトークショーには「ウルトラマン」でフジ・アキコ役を演じた桜井浩子さんや「ウルトラセブンX」(2007年)で主人公に抜擢(ばってき)された県出身俳優の与座重理久さん、生前の金城さんをよく知る脚本家の上原正三さんらが出演する。町内2中学校の吹奏楽部によるウルトラシリーズメドレーの演奏会も。

 6日、町役場で記者会見した町観光協会の照屋盛夫会長は「沖縄の未来を担う子どもたちから金城哲夫2世が誕生することを願う」と期待した。

 入場無料。問い合わせは同会、電話098(851)7273。