プロバスケットボールbjリーグ西地区首位の琉球ゴールデンキングスは8、9の両日、那覇市民体育館で同8位の大阪エヴェッサと2連戦を行う。沖縄タイムスの冠試合の8日は午後7時、9日は午後2時に試合開始。

大阪戦に向け、練習に励むキングスのメンバー=宜野湾市勤労者体育センター

 大阪とは昨年12月の対戦で2連勝したものの、いずれも延長戦や終盤での逆転劇など接戦だった。

 難敵との試合を前に、伊佐勉ヘッドコーチ(HC)は「前回は勝ちはしたが、全体的に向こうのペースだった。勢いづいたら手が付けられないので終始、キングスペースでゲームを進めたい」とアグレッシブで速い展開に持ち込みたい考えだ。

 特に元キングスの澤岻直人と菅原洋介、県出身の仲村直人、呉屋貴教の4人を警戒。「余裕を持たせたプレーをさせないようにしたい」と対策を練る。

 キングスの選手らは、6日の練習では、激しいディフェンスからの速攻など、攻守の切り替えの速い練習を重ね、本番に備えた。