県の本庁舎内の2012年度の年間コピー使用量が全体で約3500万枚となり、職員1人当たり1万2544枚で前年を809枚上回った。1枚1・75円として、1人当たりの年間コストは2万1952円だった。7日の県環境基本計画推進会議で報告された。

 地球温暖化対策に伴う県の環境保全実行計画では、本庁舎内のコピー使用量は09年度の約3千万枚を基準に、20年度までに10%の削減を目指している。12年度は約3500万枚となり、基準を約14%超過した。職員は約2800人で、職員1人当たりでは、基準を1563枚、2736円分上回った。

 県は12年度から始まった沖縄振興一括交付金の関係業務による書類の増加がコピー使用量の増加につながったと要因を挙げ、「職員一人一人の環境配慮に対する意識を高めていく必要がある」と対策に取り組む考えを示した。

 県はコピー使用量を含む排出要因9項目で09年度を基準に、20年度までに削減する目標を設定。12年度では、灯油、軽油ですでに目標を達成。電気、LPガス、ガソリン、上水使用量で基準を下回り、重油、都市ガス使用量では基準を上回った。