県教育庁は7日、2014年度県立高校一般入試の初回志願状況を発表した。志願倍率は全日制0・99倍、定時制0・67倍。全・定合わせて0・98倍で前年度より0・02倍上昇した。志願者数は全日制が1万2613人、定時制が348人の計1万2961人で前年度比106人増えた。

 志願倍率が最も高かったのはコザ(定)商業科の2・23倍。次いで沖縄水産(全日)海洋技術科の2・21倍、美来工科(同)ITシステム科の2・13倍、宜野湾(同)普通科文理特進コースの2・06倍、浦添工業(同)調理科の2・04倍だった。

 志願変更の申し出期間は13、14日。願書取り下げ、再出願期間は20、21日(午後4時)。最終志願状況は21日夜に県教育委員会のホームぺージに掲載する。

 入試は3月6、7日。合格発表は13日。