【国頭】第1回国頭トレイルランニング大会(主催・同実行委員会、共催・沖縄タイムス社)が8日、国頭村森林公園を拠点に始まり、正午に19キロ、12キロ、6キロ、6キロウォークが一斉にスタートした。

スタートの合図で元気に出発する参加者=8日午後、国頭村森林公園

 県内外からエントリーした1189人が、遊歩道や森林セラピーコースなど標高差約200メートルの自然豊かなコースを走り抜く。

 森の中を走るトレイルランニング大会が県内で開催されるのは初めて。スタート前のコースガイダンスやトレランクリニックでは、プロトレイルランナーで大会スーパーバイザーを務める山田琢也選手が走り方のこつを伝授した。