【平安名純代・米国特約記者】岸田外相とヘーゲル米国防長官の会談では、米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設で「大きく前進」と成果を強調する日本側に対し、米側は議論の重心を日米防衛協力のための指針(ガイドライン)の再改定作業に置くなど、両者の思惑のすれ違いが目立つ会談となった。