フォーモストブルーシールとインターナショナルデザインアカデミー高等課程が主催する「第8回中学生エコバッグデザインコンテスト」で最優秀賞を受賞した山内乃衣香さん(コザ中3年)の作品が商品化されることが決まり8日、フォーモストブルーシールと山内さんがデザイン契約を結んだ。同日、同社牧港店で調印式が開かれた。

デザイン契約を交わしたフォーモストブルーシールの水田正明社長(左)とコザ中3年の山内乃衣香さん(中央)、インターナショナルデザインアカデミー高等課程の松根正廣校長=8日、浦添市

 山内さんは、店舗の色やアイスクリームの種類などを調べてデザインの参考にしたという。「絵を描くのが趣味で、普段から服のデザインを描いたりしている。将来はデザイン業界で活躍したい」と喜びを語った。山内さんには、契約料として図書カード1万円分とブルーシールグッズが贈られた。

 コンテストは、デザインの仕事に興味を持ってもらい、実際に商品化される喜びを知ってもらおうと2006年にスタート。今回は県内の79校から、4812点の応募があった。

 調印式でブルーシールの水田正明社長は「商品化の喜びを成長の糧としてほしい」とあいさつ。インターナショナルデザインアカデミー高等課程の松根正廣校長は「今後も県民が喜ぶようなデザインを考案してほしい」と激励した。

 山内さんデザインのエコバッグは、一つ1500円(税込み)。100枚限定で、ブルーシール5店舗(牧港、北谷、豊崎、デポアイランド、パレットくもじ店)で販売する。