昨年の全国総体優勝メンバー6人が残る興南が貫禄をみせつけ、まずは九州選抜王者をつかみ取った。 小林秀峰(宮崎)との決勝では伝統の堅い守備からの速攻で得点を重ねる理想的な勝利だった。黒島宣昭監督は「ディフェンスが機能してくれ、持ち味の展開になった」と満足げ。