【東京】防衛省は10日、米軍嘉手納基地周辺の認可外保育所3施設への防音工事助成費約1100万円を含む2013年度第1次補正予算実施計画を発表した。嘉手納と普天間飛行場周辺の住宅防音工事費7億円も盛り込まれた。

 補助対象に決まったのは、中央保育園(北谷町)、さくら保育園(嘉手納町)、いずみ保育園(読谷村)。防衛省は14年度予算でも認可外の防音助成費を計上しているが、一部前倒しで補正に盛り込み、設計などに充てる。補正、新年度ともに厚生労働省が定める「指導監督基準」を満たすことを条件としている。

 待機世帯が多いとして補正に計上された住宅防音工事の助成は、嘉手納基地周辺に5億600万円、普天間飛行場周辺に1億9400万円が配分された。