【豊見城】2015年4月に市豊見城で開校予定の上田小学校の分離新設校の名称が一般公募で「ゆたか小学校」に決まり、市教育委員会は5日、命名した上田小4年の洲鎌華さんら5人に感謝状を贈った。「ゆたか」を提案したのは洲鎌さんのほか、上田小5年の加藤梨央さんや伊良波小6年の迎里成龍君、学生の末光里帆さん(19)、地方公務員の又吉司也さん(29)。

「ゆたか小」の名付け親となった(前列右から)洲鎌さん、加藤さん、迎里君、(後列右から)末光さん、又吉さんと上原武弘市教育長=豊見城市役所

 洲鎌さんは「みんなが笑顔でだれにでも優しく楽しい小学校に」、加藤さんと迎里君は「びっくりしたけど、うれしかった」、末光さんは「小学校の命名ができてとても光栄」、又吉さんは「地域の子どもが心豊かに成長していける学校に」と期待した。

 316人(174件)の応募があり、学識経験者らが校名候補選考会を開いて「ゆたか小学校・ゆたか幼稚園」を第1候補と提案、昨年12月の市教育委員会で決定した。