【浦添】仲西小(大川実校長)で7日、5年生の十三祝い(主催・同小PTA)があった。父母ら100人余も料理を持ち寄り、舞台を楽しんでわが子の成長を喜んだ。

十三祝いの手作り料理に飛びつく5年生たち=7日、仲西小体育館

 5年の謝敷乃愛さんがかぎやで風で幕開け、仲西子ども獅子舞が迫力の演舞で盛り上げた。我那覇瑠奈さんは「うわっ! なんでこっちばっかり来るの」と尻込み。獅子を操る知念菜月さんと新川結菜さんは必死に笑いをこらえた。

 幼少期の写真を贈る場面もあり、桐原瑠久(るうく)君は洋服の中に頭をすっぽり隠して恥ずかしがり、新城小夏さんは「私ウルトラマン大好きだったの。ほら」とウルトラマンになりきった昔の写真を見せて笑った。

 親泊琉哉君は父母の余興が近づくと「僕のお父さんコントするんだけど、滑ったら格好悪いからほんとはやらんでほしい」。上間翔太君は「滑ったら滑ったでいいじゃん。そこを盛り上げてくれる人がきっといるよ」と励ました。