第41回伊波普猷賞(主催・沖縄タイムス社)の贈呈式と記念講演、祝賀会が12日、那覇市のタイムスホールで開かれ、受賞者の上原靜氏(沖縄国際大学教授)に沖縄タイムス社の豊平良孝社長が賞状と賞牌(しょうはい)、賞金を贈った。

豊平良孝沖縄タイムス社長(左)から賞状を受け取る上原靜氏=12日午後、那覇市久茂地のタイムスホール

 上原氏は、県内の遺跡から発掘された瓦の分析から当時の社会構造まで読み解き、「琉球古瓦(こが)の研究」(榕樹書林)にまとめたことが評価され、受賞が決まった。

 豊平社長は「長年着実に研究を積み重ねた成果で、賞にふさわしい」と祝福。会場には、上原氏が学部、大学院の1期生として学んだ沖縄国際大学や考古学関係者など、多くの出席者が詰め掛け受賞を祝った。

 上原氏は「皆さんに祝っていただき、大きな賞を頂いたことを実感している」と感謝した。同賞の受賞者は今回で計53人、2団体となった。