【うるま】宜野座村でキャンプを張る阪神タイガース若手の緒方凌介外野手と西田直斗内野手は12日、石川署(山田聡署長)の一日署長を務めた。うるま市石川赤崎の県道329号沿いで、信号停止をするドライバーに飲酒運転防止を呼び掛け、パンフレットやティッシュペーパーを配った。

子どもたちと飲酒運転防止を呼び掛ける(右から)緒方外野手と西田内野手、マスコットキャラクターのキー太=うるま市石川赤崎

 石川地区交通安全協会や市内の小中高校の野球チームなど約70人が参加。出発式で緒方さんは「安全、安心に暮らせるよう一緒に頑張りましょう」、西田さんは「悲惨な交通事故を1件でも減らすよう頑張りたい」と話した。

 一緒に呼び掛けた東山少年団の前森琉志(りゅうじ)君(9)は「プロ選手に握手してもらってとてもうれしかった」と笑顔だった。