【沖縄】健康づくりや生きがいづくりを進める民間の沖縄健康文化センター「ペアーレ沖縄」=沖縄市松本=が4月に60歳以上が健康や文化などを学ぶ講座「ペアーレ楽園・幸寿大学校」を開校する。

熱心にメモをとる受講生たち=沖縄市知花・東南植物楽園

 教養文化や郷土の歴史のほか、心筋梗塞などの健康問題、ボランティアなど多彩な分野で専門家から学び、地域活動に積極的に参加する人材を育成することが目的。

 12日、市知花の東南植物楽園であった体験会では、約50人の参加者が琉球古典音楽と脳の働きを学んだ。同大学校の「名誉教授」を務める大城浩さんは「人生後半が夢をかなえる大事な時期。人生がより豊かになるよう新たな一歩を踏み出そう」と呼び掛けた。

 ペアーレ沖縄は同大学校の生徒を募集している。問い合わせは事務局、電話098(934)6111。