3月7日に南城市の琉球GC(6473ヤード、パー72)で開幕する日本女子ゴルフツアーの開幕戦「第27回ダイキンオーキッドレディストーナメント」(主催・ダイキン工業、琉球放送、賞金総額1億円、優勝賞金1800万円)の出場者108人が13日、決まった。

 県勢は13人(プロ9人、アマ4人)。昨年の日本女子オープンを制した宮里美香と昨季米ツアーを主戦場とした上原彩子のほか、ダイキン工業所属で通算10勝目が懸かる諸見里しのぶ、昨季、2勝を挙げた比嘉真美子や大城さつき、新崎弥生、山城奈々らも参戦する。県出身の主催者推薦は宮里、上原に加え、ともに4年連続6度目の出場となる上原美希と川満陽香理の合わせて4人。アマチュア選手権上位の新垣比菜(具志川中)、金城沙希(名護高)、比嘉梨沙(宜野座高)、伊波杏莉(読谷高)は既に出場が決まっている。

 昨年の日本ツアー賞金女王の森田理香子は大会初の連覇を目指す。外国勢では全美貞やアン・ソンジュ、申ジエの韓国勢や成長著しい台湾出身のテレサ・ルーらが頂点を狙う。昨年惜しくも賞金女王を逃した横峯さくらのほか上田桃子、不動裕理、大山志保、吉田弓美子、佐伯三貴ら国内の実力者らも名を連ねた。