キャロライン・ケネディ駐日米大使は13日、笑顔で沖縄を後にした。3日間の来県中、報道陣の質問は一度も受けないまま。一方、この日は米軍普天間飛行場の移設先とされる名護市の米軍キャンプ・シュワブを視察。前日は移設に反対する稲嶺進市長と急きょ会談するなど、公式日程を覆す「意外性」も見せた。