【石垣】バンダイナムコグループのVIBE(バイブ、本田耕一社長、東京都)は14日、石垣市役所で会見し、電気を動力源に進む電気推進船(EV船)をマリンレジャー船として来年春にも市内で実用化する計画を発表した。マリンレジャー目的のEV船は日本初。事業のアドバイザーを務める東海大学の山田吉彦教授は「自然再生エネルギーを利用することで石垣観光や環境面のアピールになる」と強調した。

ゲームやアニメに登場する近未来のデザインにした電気推進船(提供・VIBE社)

 同社と国建(那覇市)、新糸満造船(糸満市)の3社が県の一括交付金事業「亜熱帯・島しょ型エネルギー基盤技術研究事業」を受託し、開発研究を進めてきた。

 EV船はリチウムイオン電池を動力源とし、船体はリサイクルが可能なアルミ合金を使用。全長19・5メートルで定員30人、安定性の高い双胴船タイプで8ノット(時速約15キロ)で進む。船底に強化ガラスを使用し、グラスボートとしても楽しめる。

 船は10月に完成予定で、今後は石垣市と連携し、EV船を委託管理するレジャー事業所を公募し、来春のサービス開始を目指す。

 同事業では、災害時の電力確保としての蓄電機能も検証。海洋再生可能エネルギーの活用を目指す石垣市と連携し、「石垣市エコアイランド構想」の推進やEV船の増船なども視野に入れる。