プロ野球の巨人が15日、那覇市のセルラースタジアム那覇で2次キャンプをスタートさせた。歓迎式で、翁長雄志市長は「昨年のセ・リーグ優勝おめでとうございます。ことしは日本一の奪回を必ず成し遂げてほしい」と、半袖のユニホーム姿で激励した。

 原辰徳監督は「ここでしっかり練習してシーズンでは日本一を奪回したい」と意気込んだ上で「今季のチームスローガンは〝雄志〟。翁長市長の名前と同じ漢字で何かの縁。巨人軍と那覇市民が一体となって戦っていきたい」と、市民、県民の応援を呼び掛けた。

 県出身の宮國椋丞投手らがストレッチやキャッチボールで体をほぐすなどさっそく練習を始めると、スタンドに詰め掛けたファンらはカメラを片手に熱心に見守っていた。