日本ハンドボールリーグ男子は15日、広島県東区スポーツセンターで4位の湧永製薬が6位のトヨタ紡織九州に31―27で勝って4位が確定し、プレーオフ進出を決めた。5位の琉球コラソンは、初の進出を逃した。1位の大崎電気、2位のトヨタ車体、3位の大同特殊鋼は既に進出を決めている。