プロバスケットボールbjリーグ西地区首位の琉球ゴールデンキングスは15日、京都府立体育館で行った今季第31戦で、同3位の京都ハンナリーズに80-73で勝利し、通算成績を27勝4敗とした。キングスは4連勝。

 キングスは3点ビハインドで迎えた第3Qに、アンソニー・マクヘンリーが積極的にゴールに向かい、連続でシュートを決めると一気に逆転した。金城茂之や山内盛久もゴールで続き、62-55と引き離した。

 第4Qの終盤に4点差まで詰められる場面もあったが、ドゥレイロン・バーンズが値千金の3点弾を沈め、とどめを刺した。

 バーンズが両チーム最多の21点、マクヘンリーと岸本隆一がそれぞれ19点と続いた。岸本のフリースロー全9本の成功が光った。

 次戦は16日午後2時から同会場で同カードを行う。(観客数2133人)