第22回おきなわマラソンは16日、沖縄市の県総合運動公園を発着点に行われ、フルマラソンは初出場の中西拓郎(新日本製薬、福岡)が2時間26分12秒で初優勝を飾った。1秒差の2位には昨年覇者の鬼塚智徳(九電工、佐賀)が入った。県勢最高位は与那嶺恭兵(琉球物流、浦添)が2時間33分21秒で5位だった。

昨年覇者の鬼塚智徳をかわし初優勝した中西拓郎(右)=県総合運動公園陸上競技場

 女子は浦添市の池原綾乃が3時間1分25秒で初優勝。我那覇昭子(チームハシカワ&らんさぽ、那覇)が3時間14分16秒で2位に入った。

 10キロロードレースの一般男子は田子康宏(広島)が31分51秒で初制覇、同女子は津波古美月(沖国大)が37分55秒で2連覇を達成した。高校男子は神里裕司(コザ)が32分15秒、同女子は町田琴乃(糸満)が38分1秒でそれぞれ制した。