【石垣】八重山で初のプロ野球オープン戦ロッテ-オリックスが16日、石垣市中央運動公園野球場で行われ、同市で春季キャンプ中のロッテが7-4で勝利した。ロッテは同市出身の大嶺祐太投手、翔太内野手の兄弟に、伊志嶺翔大外野手、川満寛弥投手の県出身4選手が出場した。

 ロッテは4点を追う五回裏、大嶺翔が反撃の口火となる左前2点適時打を放つなど3安打4打点の活躍だった。先発を任された大嶺祐は、一、二回とも2死からヒットを許し、5安打3失点と振るわなかった。

 川満は三回から登板。四球やヒットで失点した直後の満塁のピンチで後続を断ち、四回は3人で抑えた。伊志嶺は3打数無安打、1四球だった。