5年目の大嶺翔太は1軍生き残りに向けたオープン戦で、しっかりと結果を残した。 「中途半端なスイングはしない。ストライクゾーンは積極的に振る」と決めて臨んだ。無死二、三塁の五回はカット気味のストレートを引きつけてレフト前にはじき返し、八回はスライダーに食らい付き、センターに運んだ。