開幕1軍入りを目指す宮國椋丞(糸満高出)が16日、沖縄セルラースタジアム那覇でのSK(韓国)との練習試合に先発登板した。

韓国プロ野球SKとの練習試合に先発し、3回5安打2失点の巨人・宮國=那覇

 先頭打者に本塁打を浴びるなど、3回5安打2失点とピリッとしない内容で「ボールが全体的に高めに浮いていたが、これから実戦を重ねて修正していきたい」と今後は制球力の向上を課題に挙げた。

 宮崎キャンプでの紅白戦に続く登板に「打者に対しての感覚を取り戻しつつある」と手応えも口にした。

 さらにはピンチの場面などで捕手の小林と意思疎通を図り、「キャッチャーと試合中でも会話ができるようになったのは去年と違ってよかった」と成長も実感している様子だった。

 「感覚的にはいい。開幕に向けて調子を上げていきたい」と話した。