秋田を拠点に全国で公演を続ける劇団わらび座の「遠野物語」が22~24日の3日間、県内3カ所で上演される。

県内3カ所で開催予定の劇団わらび座「遠野物語」(わらび座提供)

 2部構成で、1部は岩手県遠野地方に伝わる民間伝承を編さんした柳田國男作「遠野物語」を題材にした作品。津波で妻を亡くした福二を中心にストーリーが展開する。

 2部は舞踊集「故郷(ふるさと)」。東北地方の民俗芸能をふんだんに盛り込み、自然と共に力強く生きる人々を描いている。

 東日本大震災復興支援公演として、全国を巡回している。

 県内の公演日時は次の通り。

 22日午後2時宜野座村がらまんホール、23日午後3時読谷村文化センター鳳ホール、24日午後6時半那覇市民会館。入場料は一般2500円、高校生以下千円(当日500円増)。問い合わせはわらび座九州事務所、電話092(674)4151。