19日は二十四節気の一つ雨水。雪解けが始まり、春の気配に草木の新芽が顔を出すころとされる。

潮が引いた干潟でアーサを採る女性=18日午後、南城市玉城・奥武島(伊藤桃子撮影)

 晴れ間が広がった18日午後、南城市玉城奥武島の海岸では、岩に張り付いた旬のアーサを近所の女性たちが、汗ばみながらザルいっぱいに収穫していた。

 10年以上毎年この時季にアーサを採っている中本エツ子さん(70)は、「毎年、天日干しして、汁に豆腐と入れて食べるのが楽しみ」と話した。