プロバスケットボールbjリーグの琉球ゴールデンキングスは21日、昨季まで所属していた並里成と今季の選手契約を締結したと発表した。

 並里は昨季終了後、米国でのプレーを目指してチームを離れ、昨年11月の全米プロバスケットボール(NBA)の下部育成リーグ(NBDL)のドラフト候補にも挙がったが、所属先が決まらなかった。帰国後、今月からキングスの練習に合流していた。

 並里は沖縄市出身の24歳。2011年から2季キングスに所属し、昨季はリーグベスト5に選ばれるなど、リーグを代表するガードの選手。琉球復帰となった並里は「キングスに戻れた事、僕を受け入れてくれたチームメート、スタッフ、球団に感謝します」とコメントした。