全国で月10万部発行されている交通情報誌「JTB時刻表」の2月号で、那覇市の観光周遊バス・ゆいゆい号とゆいレールで巡るまちまーい(町歩き)が紹介されている。

JTB時刻表に掲載されたまちまーいの記事を紹介する、エッセイストのゆたかはじめさん(中央)、那覇市観光協会の大城結子さん(左)、瀬底幸江さん(右)=21日、沖縄タイムス社

 沖縄都ホテル裏に残る路面電車の橋脚跡や、与儀公園のD51蒸気機関車など市内10カ所の鉄道遺産を取り上げ、交通ファンの視点で楽しむ沖縄観光を提案している。

 同誌で沖縄が取り上げられるのは2003年のゆいレール開業時に表紙掲載されて以来2度目で、記事としては初めて。モノレール以外に鉄道がない沖縄の関連記事を、全国版の交通情報誌が扱うのは珍しいという。