【石垣】3月2日投開票の石垣市長選に出馬を予定する現職の中山義隆氏(46)=自民、公明推薦=の総決起大会が21日、市民会館大ホールで開かれた。

必勝を誓い、拳を振り上げる中山義隆氏(中央右)や支援者=石垣市民会館大ホール

 中山氏は「105万人の観光客を目標とする今年は一人一人の所得が上がる。石垣の産業発展を任せてほしい」と呼び掛けた。

 訴えでは「平和の島」を強調。「さまざまな国の人が交流し、信頼を築くことで世界平和が広がる。そうした国際観光交流拠点をつくり上げたい」と訴えた。

 仲井真弘多知事は「中山市長と手をつなぎ、県立八重山病院を国際的に通用する病院にする」と述べた。

 照屋守之自民党県連幹事長、公明党県本部の糸洲朝則代表、宜野湾市の佐喜真淳市長らが応援演説した。