個人・団体の優れた芸術活動を顕彰する第48回沖縄タイムス芸術選賞の贈呈式と祝賀会が22日、那覇市のパシフィックホテル沖縄であった。琉球芸能や洋舞・琉舞、演劇・映像、工芸、書芸など10部門から選ばれた大賞11人、奨励賞22人1団体、功労賞5人に、豊平良孝社長が賞状と賞牌しょうはいなどを贈った。

沖縄タイムス芸術選賞の大賞、功労賞、奨励賞の受賞者=那覇市・パシフィックホテル沖縄

 式典では、琉球古典音楽部門(三線)大賞の比嘉義勝さん(68)が受賞者を代表し、あいさつ。「これまで多くの舞台を経験させてもらい感じたのは、沖縄の芸能、歌三線は世界に誇れるということ。己を見つめ、さらに研さんしたい」と誓った。

 豊平社長は「沖縄の芸術文化の発展に長年尽力された」と受賞者をたたえ「今後も一層精進されるとともに、後進の育成にも力を注いでほしい」と期待した。