駅伝の第3回県中学生新人大会・県小学生交流大会(主催・沖縄陸上競技協会、共催・沖縄タイムス社)は22日、県総合運動公園内の特設コース(5区間)で行われた。

 中学生男子の部(各区3キロ)はアンカーで逆転した伊良波Aが51分49秒で、同女子(同2キロ)は3区で首位に立った名護が36分55秒で、それぞれ初優勝を飾った。

 小学生男子の部(各1・5キロ)は4区で首位に躍り出たあわせJRC-Aが24分59秒で初栄冠。同女子は1区から首位を独走した沖縄アンテロープAが25分46秒で3連覇を果たした。

 個人タイムトライアルの中学生男子(3キロ)は島袋伶(仲泊)、同女子(2キロ)は金城侑海香(豊見城)が、同小学生男子(1・5キロ)は東江智輝(あわせJRC-A)、同女子(同)は大見謝桃花(伊平屋陸上クラブ)がそれぞれ制した。