トップと16秒差の3位でたすきを受けた伊良波Aのアンカー大城希月(2年)は「絶対優勝する」と、意気込んで中継所のグラウンドを飛び出すと、あっという間に2位をとらえ、首位を追いかけた。