水野裕紀主将と村山裕次を故障で欠く上に、シュートミスも目立った。今季を象徴する展開となったが、それでも、昨秋の対戦で敗れているトヨタ紡織九州との接戦を1点差で制したのは来季につながるだろう。