【北部】県内の水資源開発事業として本土復帰の1972年に設置された沖縄総合事務局北部ダム事務所(名護市)が、3月31日で閉所する。今月1日に金武町に億首ダムが完成し、県内で計画されていた10カ所のダム建設事業が終了したことから、その役割を終える。今後、各ダムの維持管理については、同市内の北部ダム統合管理事務所が引き継ぐ。

 北部ダム事務所は72年5月、当時の沖縄開発庁が開設。本土復帰前まで米国政府と琉球水道公社が計画し、米陸軍が受託事業として69年に着工した福地ダム(東村)の建設事業を引き継ぎ、74年12月に完成させた。

 その後も県内の水事情の改善に向けて国頭、大宜味、名護、金武、宜野座など北部6市町村に10カ所の多目的ダムの建設を進め、県民の水がめとして安定供給を図ってきた。