楽天捕手の伊志嶺忠が、攻守で好アピールした。 六回の守備から、正捕手の嶋基宏に代わって出場。4人の投手の持ち味を引き出し、マスクをかぶってからは、ヤクルト打線を1安打無失点に抑えた。 2-4とリードされた七回のオープン戦初打席では、反撃の口火を切る右前打を放った。