巨人先発の宮國椋丞は、昨季の日本一を相手に4回無失点と上々の仕上がりを見せた。 「気にしていなかった」というストレートの球速は140キロ台前半を記録。3四死球で走者を背負いながらも2度の併殺などで打たせて取り、要所を締めて切り抜けた。 三回は「考えすぎてボロボロでした」と制球が乱れた。