泡盛をベースにしたカクテルの味や色彩、独創性などを競い合う総務大臣杯・全国泡盛カクテルコンテスト(主催・泡盛マイスター協会)が23日、那覇市内で開かれ、ショートカクテル部門は小波津孝さん、ロングカクテル部門は台湾から出場した謝佳☆(王ヘンに其)さんがそれぞれ最高位の総務大臣最優秀賞を射止めた。

第10回全国泡盛カクテルコンテストで総務大臣最優秀賞を射止めた(右から)小波津孝さん、謝佳☆(王ヘンに其)さん=23日、那覇市・パシフィックホテル沖縄

 ことしで10回目となる記念大会で、初めて韓国から2人が参加。台湾の12人とあわせて計44人がその場でオリジナルのカクテルを作り出品した。計21人の入賞者に賞状と盾、副賞が贈られた。

 最優秀賞の小波津さんは「イメージから制作、味付けまで約2カ月近くかかった。やっとここまでたどりついた」。

 謝さんは「素晴らしい成績。一緒に沖縄に来た母に恩返しができた」と涙を浮かべた。