米軍普天間飛行場の名護市辺野古への移設に反対する活動の阻止や対応に向けて政府が検討を進めている。安全確保を理由に、調査や工事の事前の妨害阻止や取り締まりの選択肢を考えており、特にキャンプ・シュワブ沖に設定された提供水域内に入った場合の「刑事特別法」(刑特法)の適用判断と未然の対策が焦点。