土産物店経営の琉美産業(那覇市)と配水管理業務のグリスアウトシステム(南城市)、神戸製鋼所(神戸市)など5社は鉄筋コンクリート建造物の柱の基礎となる柱脚セットを開発し、4月から県内で販売する。大臣認定を受けた強度基準のある部品を使い、建物の構造計算を明確化したため、余分な資材を使用することがなく、コスト削減につながる。従来は3業者が携わる部品製造を神戸製鋼所が一貫して担うため、材料費も軽減。設置作業を県内業者でも請け負えるようにし、県内での普及を目指す。

独自の柱脚を開発した松尾代表(左端)ら=25日、県庁

琉美産業など5社が開発した柱脚。棒状のアンカーボルトで板状のベースプレートを支える

独自の柱脚を開発した松尾代表(左端)ら=25日、県庁 琉美産業など5社が開発した柱脚。棒状のアンカーボルトで板状のベースプレートを支える

 25日、県庁で会見したグリスアウトシステムの松尾宏樹代表は「物流費なども含めると3割のコスト低減になる。県内で普及させて県外も目指したい」と述べた。

 松尾代表によると、柱脚は、強度基準が明確でないものが多いため、過度に強度を保つ設計になる傾向があり、割高になっているという。

 神戸製鋼所は、基礎コンクリートと柱をつなぐ棒状のアンカーボルトと、柱を支える板状のベースプレートを製造。発注量に合わせて製造するため、無駄を省けるという。

 従来品は、柱脚メーカーが指定した代理店しか設置作業を実施できなかったが、設置の施工マニュアル「柱脚の基本図・詳細図」を作成し、どの業者でも請け負えるようにした。

 今後、施工マニュアルを提供するなど、営業活動を本格化させる。松尾代表は「県内業者に施工を任せることで、雇用の拡大にもつながる」と期待している。

 売り上げ目標は初年度で3億円。2015年度には県外への販売も検討する。

 開発には建築事務所の宮平(南風原町)と卸売業の神鋼商事(大阪市)も携わった。販売元は琉美産業。問い合わせは同社、電話098(855)4551。