県観光政策課が20日発表した2013年度第3四半期(10~12月)の観光収入は、観光客数の増加により前年同期比4%増の977億2600万円だったが、1人当たりの県内消費額は3%減の6万2163円と前年同期を下回った。県観光政策課は「ビジネス客などの増加で、土産費や娯楽費が減少したことが要因ではないか」と分析する。

 1人当たり県内消費単価を費目別に見ると、娯楽・入場費が前年同期比15・4%減の5927円。土産・買い物費は10・9%減の1万4533円。交通費は2・8%減の9854円だった。

 一方、宿泊費は7・1%増の1万6652円。飲食費も6・2%増の1万3981円と増えた。観光政策課は、同期の平均滞在日数が0・03日増の3・51日と伸びたことによる増加とみている。

 同期の観光客数は7・2%増の157万2100人。延べ宿泊者数は8・9%増の395万人泊で、リピーター率は1・2ポイント減の76・1%だった。

 国内客の調査は那覇空港でアンケート3千票を配布し1080票を回収。外国客は那覇空港と那覇港でアンケート配布と聞き取り調査を実施し767票を回収した。