【座間味】野鳥が春の渡りの季節を迎え、座間味野鳥クラブのメンバーがクロウタドリなど珍しい渡り鳥を観察している。クロウタドリは黒い体に黄色のアイリングが特徴。メンバーによると、島では初観察の迷鳥で、島東部の阿佐区より東端のコテージが立ち並ぶ静かなウハマ地区内で地面をつついていた。

クロウタドリ

ヤツガシラ

クロウタドリ ヤツガシラ

 美しいシマ模様が特徴のヤツガシラは毎年春先に観察されるが、今年は初観察。阿佐集落内の草地や砂地で、長いくちばしを使って盛んに地中の虫を引っ張り出し、時おり扇子のような冠羽を広げていた。

 3月5日には慶良間諸島の国立公園指定が予定され、野鳥クラブでは、野鳥が憩う島の陸域の素晴らしさにも目を向けてほしいと願っている。(田中英理子通信員)