仲井真弘多知事は28日の県議会代表質問で、米軍普天間飛行場の辺野古埋め立て承認をめぐり「言葉として正確に伝わらなかったかもしれないが、一日も早い普天間の危険性除去という命題にこのオプション(選択肢)は持たざるを得ない」と述べた。県外移設を公約に掲げる中、辺野古容認の選択肢も持ち合わせていたと説明した。上原章氏(公明)への答弁。

 知事は、承認判断に「がっかりした人もいることは理解できる」とし、「行政の長として責任を持つ時、慎重な表現を使いオプションの数を減らさないよう心を砕いている」と強調。その上で「われわれがたくさんのオプションを持たない限り、難しい基地問題は処理がしにくい」と述べ、自らの判断に理解を求めた。

 承認判断が全国の世論に与える影響について「必ずしも誤ったメッセージになっていない。法にのっとった手続きだと正確に理解し始めているのではないか」と指摘。

 KC130空中給油機の岩国基地への受け入れを例示しつつ「日本各地で沖縄の基地負担を分担しようという動きすら出始めている」と述べ、承認判断によって波及効果が出ているとの認識を示した。