日本航空(JAL)は26日、取締役会を開き、日本トランスオーシャン航空(JTA)の佐藤学社長(59)が6月に退任し、後任にJAL執行役員空港本部長の丸川潔氏(52)が就く役員人事を決定した。

 丸川氏は、1985年に一橋大学経済学部を卒業し、同年日本航空に入社。2009年JALスカイサービス取締役総務部長、10年日本航空インターナショナル執行役員空港本部長、JALスカイ代表取締役社長などを経て、11年から現職。

 佐藤氏は1979年に東京大学法学部を卒業、同年日本航空に入社。2006年にバンクーバー支店長、08年にJTA執行役員などを経て、11年6月から現職。