【沖縄】市泡瀬の「あわせそろばん教室」に通う長義絵里以さん(11)=泡瀬小5年=が、そろばんの全国大会で3冠を獲得し、ほかの生徒3人も、部門別優勝などの上位に入った。

全国大会で3冠を獲得した長義絵里以さん(左から2人目)と上位に入った生徒たち=沖縄市泡瀬・あわせそろばん教室

 大会はそろばん塾の先生たちでつくる日本計算技能連盟主催の「オールジャパンそろばんチャンピオンシップ2014」。16日に東京で第1回大会が開かれ、全国の小学生200人が参加した。

 長義さんは第3部(5・6年)に出場し、かけ算とわり算と二つが式に入ったみとり算の成績で競う「個人総合競技」、暗算で計算する読み上げ暗算、そろばんで計算する読み上げ算、画面に出た数字を暗算するフラッシュ暗算の総合成績「種目別競技」、種目別暗算のかけ算の部で優勝した。

 高江洲夢月さん(11)=高原小5年=が個人総合と種目別暗算のわり算の部で2等、大嶺しほさん(11)=泡瀬小5年=も個人総合4等、種目別競技3等に入った。

 第2部(3・4年)では島袋羽亜菜(はあな)さん(10)=泡瀬小4年=が種目別暗算のかけ算とみとり算の部で優勝、種目別競技2等、個人総合3等だった。

 3冠獲得の長義さんは「練習の成果が出てよかった。8月にも全国大会があるので、小学生日本一を目指したい」と意気込んだ。