沖縄側が30年以上要望しながらも、日の目を見なかった那覇空港第2滑走路の増設事業は、安倍政権になり急発進した。早期の供用に向けて踏まれたアクセルの裏側には、米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設に向けた埋め立て申請の影が見え隠れする。(政経部・篠原知恵、社会部・吉川毅) 「31回目。