【名護】稲嶺進名護市長は3日開会した市議会(比嘉祐一議長)3月定例会の施政方針演説で、米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設問題について「市民の生命財産を預かる立場から到底受け入れられるものではない」と述べ、改めて移設反対を訴えた。

 稲嶺市長は自身が当選した過去2回の市長選で「移設ノー」の民意がはっきり示されていることを強調。「これからも厳しい局面が待ち受けていると思うが、正面から立ち向かい、県内はもちろん、県外、国外にもその不条理さを訴え、支援の輪を広げるために積極的に発信していく」と語った。